上田毅八郎作品

上田毅八郎作品 · 31日 5月 2021
生誕101年、没後5年になります上田先生の2年振りの展覧会をご案内申し上げます。 この数年、海外からの問い合わせを増えてきており、上田信奉者としては嬉しい限りでございますが、作品数には限りがあり、日本に残すべく奮闘しております。 社会情勢は相変わらずですが、今年は開催することとなりましたので、どうぞご高覧ください。
上田毅八郎作品 · 22日 11月 2020
本日ご紹介する上田毅八郎氏の作品は、油彩画「ドルトレヒトの河景色」です。ドルトレヒトはオランダのホラント州にある都市であり、海に直結する4つの河の交差点でもあり、オランダの戦略上重要な位置付けとなっております。...
上田毅八郎作品 · 24日 10月 2020
本日ご紹介する上田毅八郎氏の作品は、油彩画「BREMERHAVEN PORT」です。BREMERHAVENはドイツの湾岸都市であり、文化拠点として、今もなおドイツの重要な位置付けにあり続けています。...
上田毅八郎作品 · 18日 10月 2020
本日ご紹介する上田毅八郎氏の作品は、油彩画「Bluenose」です。Bluenoseはカナダを代表する帆船であり、カナダの10セント硬貨の裏側に掘られているほどに、アイコンとして深くカナダに根付いております。...
上田毅八郎作品 · 05日 10月 2020
本日ご紹介する上田毅八郎氏の作品は、油彩画「シュチェチン港」です。シュチェチンはポーランドにある湾岸都市であり、ドイツとの国境に位置しています。...
上田毅八郎作品 · 28日 9月 2020
本日ご紹介する上田毅八郎氏の作品は、油彩画「Auburn」です。 「Auburn」は1900〜1937年にかけてアメリカで生産されたクラシックカーとなります。 ちょうど時代はグレート・ギャツビーにて描かれている時代でした。...
上田毅八郎作品 · 25日 9月 2020
本日ご紹介する上田毅八郎氏の作品は、油彩画「Maserati A6G/2000」です。 Maserati A6G/2000は、1956年に製造された生産台数わずか21台の極めて貴重なスーパーカーであり、元々はレース用として製造されたものになります。...
上田毅八郎作品 · 21日 9月 2020
本日ご紹介する上田毅八郎氏の作品は、油彩画「リヴァプール港 クイーンズドック」です。 港にあるドックとは、船舶の建造、修理、係船、荷役作業等のための施設であり、クイーンズドックはリヴァプール港にある1785年に築造されたドックとなります。...
上田毅八郎作品 · 13日 9月 2020
本日ご紹介する上田毅八郎氏の作品は、油彩画「越前海岸風景」です。 日本海に面した越前海岸は、南の福井県敦賀市杉津から北の東尋坊にかけての海岸線であり、その真ん中の越前岬を西端にして、「く」の字型で日本海へ突き出ています。 隆起海岸による無骨な奇岩断崖が特徴的であり、荒々しい波とぶつかり合うその姿は絶景の一言です。...
上田毅八郎作品 · 11日 9月 2020
本日ご紹介する上田毅八郎氏の作品は、油彩画「Chipperkyle」です。 Chipperkyleはイギリスにて建造され、主にリバプールとハンブルグの間を航海していた帆船です。 主にイギリス羊毛や移民を運ぶことで活躍した船舶でした。 イギリス羊毛、いわゆるブリティッシュウールはウールの中でもわずかにした取れない非常に希少価値が高い羊毛です。...

さらに表示する